熱くなくっちゃーね ♪
   もしかしたら、意外なところで『ピンッ!』と来るかも・・・
  >> ホーム
  >> RSS1.0
FC2カウンター

プロフィール

ありな

ありな
周りには経営者さんが多いですが、私は一般従業員です^^
主な仕事は経理です。もっとスキルアップしたいと日々勉強中!
だから、投稿記事に「あれっ?」って思うこともあると思いますがその時はご指摘くださいませ^^
こんな私でも『何かできるんじゃないか』とブログはじめました。
『がんばる人』の応援ブログにしたいと思ってます!
一緒にがんばりましょう!(^^)!
不完全だからこそ、『ピンッ!』と来ることがあるかも^^

ブロとも募集中です!!コメントください♪
よろしくお願いします!

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

今日の運勢は如何に?

フリーエリア

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 経営ブログ 経営企画へ
スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 人件費のコストダウンと聞いて
こんにちは^^

すみません・・・昨日は、更新できませんでした。




今日は、この前テレビで見たこの言葉。

『人件費のコストダウン・・・』

これって、どういうことでしょうね?


5/29の自己資本の話で、給料を減らさず労働分配率を下げる方法について触れてみたのですが、今日は、給料の時間単価の下げる方法→労働時間の延長について、書いてみたいです。


労基法第3章、第32条では、
使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。
使用者は、一週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない
とあります。

現在週休2日制を実施している会社が多いのと国民休日を除く、1ヶ月の労働日数は約20.5日となります。

これを労働時間に換算すると
8時間×20.5日=164時間/月  ---①
になります。

給料を下げず『単価を下げる方法』となると、この月の労働時間を増やすしかないですね。
でも、労基法により週40時間、一日8時間を越えることはできない。

ここで、変形労働時間制の採用をーーー

労基法では、1ヶ月変形労働時間制の採用を認めています。(下記参考)

要件として、まず労使協定又は就業規則等その他で「一ヶ月以内単位の変形労働時間制」をとることを明記して,その「単位期間」を定め,さらに,起算日を明らかにして特定しなければなりません。本当は,どの週に何時間越えてどの日に何時間働かせるかまで特定している事が望ましいのですが,それが出来ない場合は,就業規則には基本事項(例えば4時間シフト,6時間シフト,8時間,10時間等と始業時間を含めて決めておいて,これらの時間を日にちに割り振り,その期間の始まる何日前に掲示などで示す等)を定めて,各人各日の労働時間を「勤務割表」等で期間毎に特定する事が出来ます。
そしてその内容は行政官庁に届けます。


これは、1ヶ月の日数(28、29日、30日、31日)により、1ヶ月の総労働時間を算出するものです。
例えば、1ヶ月30日の場合
40時間×30日÷7日=171.4時間/月  ---②
となります。

①と②を見ると、7.4時間の差がありますね。
1ヶ月変形労働時間制を採用することで、7.4時間労働時間を増やすことが出来るのです。

よって、人件費の単価は下がるということですね。
さらには、所定外労働時間=残業時間(7.4時間)も抑えることが出来んです。



これを、従業員サイドが聞けば、「セコイ!!」というかもしれません。でも、人件費の単価を下げることで、リストラをする必要はなくなります。
どちらがいいでしょう?
会社にとっても、従業員にとっても単価を下げられる方がいいのではないでしょうか^^


この前、日本電産の永守社長も言われていました。
休みも増え、苦労しなくていい世の中になってきた分、会社が傾いたときも苦労しない、簡単なリストラをする企業が増えたと・・・

この言葉を聞いた時、リアルに聞こえました。
社員を切らなくても、人件費を下げる方法はあるんです。その工夫・努力をせずに手っ取り早く済ませるのは、人道的ではないし。社員もそんな会社に未来を感じることなど出来ませんよね。
人件費に限らず、コスト削減をするのは社長を含む社員全員なんです、そのやる気を損なわせることは本末転倒というものです。

皆さんは、どう思われるでしょうか?

※この方法が正しいかどうかは分からないですが、リストラする前にあらゆる方法を試すことは大切ではないかと思うのです。

今日も、ありがとうございます^^





にほんブログ村 経営ブログ 経営企画へ
経営 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:12
(2008/06/05(木) 15:56)

 その先は・・・
おはようございます

自分の会社では一般社員ですが、一応他社さんの役職の人に、“部下への指示の出し方”なんかをヒアリングして、アドバイスしたりしています^^

これは、その会社の社長さんの意向により行っているんですが、先日、ようやく希望されているレベルに達した旨報告をしました。

これからが本番!ってところなんですが、『最終到達点』(最終のレベル)が何なのか、はっきり示される事がなかったので、そのお話もしてきました。

きちんとした目標を示されないと、従業員はどうすればいいのか分からなくなってしまいますよね。(同様に私もです

よく思うことなんですが、経営者をはじめ上司って「○○しろ!」は言っても、「○○なので、○○しろ!」って言わないんですよね。

指示(命令)だけ出すのって、ずるいと思いませんか?

部下だって、なぜその指示(命令)が出ているのか知る権利があと思うんです。
そして、それを示してもらえたなら質問もでき、上司が何を望んでいて自分がどう動けば良いのか、自分で決められます。

すると、自分で判断して決めたことだけに責任を持って行動できると思います。

これって、両方にとってプラスだと思います。

指示した“その先に何があるのか”、ゴールを示すことは大事なことです!

だって、マラソンだってゴールがあるから走れるんですから。。。ゴールがなかったら、しんどくって、みんな走れないです


ヒューマンキャピタルへ



にほんブログ村 経営ブログへ  人気ブログランキング
ぽちっと、お願いします!!

こめんと、いただけると嬉しいです^^




にほんブログ村 経営ブログ 経営企画へ
経営 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/05/19(月) 09:30)

 もうちょっと、考えてください(・_・;)
今週も終わり

今日は金曜日♪明日はお休み^^

帰りにどっか行きますかー

なんて、昔ならこんな光景をよく目にしたんですが、ここ最近みないですね(寂しいです
やっぱり、不景気の影響なんでしょうか・・・

人と話してても、よく聞くのが「お金がないっ!」です。

給料が減ったって感じている事が原因かも。。。


でも、実際の給料は減ってはいないんですよね。
そう感じるのは、社会保険料や住民税が増えてしまったからなんです
だから、会社のせいじゃない(?)んです!
って、そうでもないみたい・・・
この前聞いたんですが、実際の給料が減っているところもあるようです。

「減給」ってし辛いものなんですけど、どうやってやっているんでしょう?


通常、2勤体制って「日勤・夜勤」って思い浮かべると思いますが、これを「早出・遅出」にし夜勤体の《深夜勤務手当》を払わなくてよくするんです。

勤務時間の変更による人件費削減ーーー

これならば、払わなくてはならないものを払わないわけではないので、労基に触れることもないですね。


これを聞いたとき、正直「やれるもんなんだぁ~」とびっくりでした。

手取額が減ってしまった分、《時間外手当》でカバーしょうとしても、その勤務時間帯を無くすというのは、従業員からすれば(稼ぐ)チャンス自体を絶たれることで、「給料を払う気がない」と判断されてしまう。。。
これって、とっても危険です

よっぽど、従業員への説明が上手かったんだと思いますが、考えさせられる事も多いです。


取り入れてからそんなに経ってはいないようなので、今後どうなっていくのか見ていきたいと思いますが、削減ばかりに集中し働く従業員の生活を考えないのは、どうでしょう?

皆さんは、どう思いますか?




ヒューマンキャピタルへ




にほんブログ村 経営ブログへ  人気ブログランキング
よろしくお願いします!



にほんブログ村 経営ブログ 経営企画へ
経営 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/05/16(金) 13:04)

 相手があること
週が明けてしまいましたが、最後の

○外部購入費の安価

これが赤字の原因だとすると結構大変ですね。

他の項目に関して言えば、自社内での『工夫』や『努力』次第で改善できるのですが、『外部購入費』となると『相手』のあることなので、交渉や条件設定など有利な取引をしなくてはいけません。

ある程度、管理で仕入量などの調整はできるかもしれませんが、慎重にしないと品質の低下に繋がる危険性もあります。

大手企業ならば、大量仕入でのコストダウンを図る事ができるのでしょうが、中小零細企業の場合はコストを下げられるほどの大量仕入は難しいですよね。

素人考えで申し訳ないのですが、ちょっと思いついた事が・・・

扱う品によると思うのですが、数社が集まって大量に仕入れることって出来ないんでしょうか?

あまり聞かないので出来ないのかもしれないけれど、受ける仕入先にもメリットはあると思うんですよね。
だって、複数が契約してくれるということは、その品が“必要な時”が分散されて、長い目で見れば発注のないときが少なくなり、安定した利益が上げられるんじゃないのかなぁ?
それに、大量受注されて値引きをしたからって、自分のところが『赤字』になるような値引きはしないんだから、それなりにメリットはあるはず。
後は、そこを上手く『交渉』することだと思うんですが。。。これって、ダメですか?


ヒューマンキャピタルへ




にほんブログ村 経営ブログへ  人気ブログランキング
ピンッ!来ましたか?


にほんブログ村 経営ブログ 経営企画へ
経営 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/05/12(月) 09:10)

 小さいことの積み重ね
昨日の続きーーー

中長期的視点として、
○生産性の向上
○外部購入費の安価
があげられますが、これぞ『本題』といえますね。

そもそも、生産性とは何でしょうか?

生産性=産出と投入の比率

要は、投入を減らし産出を増やせば生産性は上がります。

ということは、人件費が下がった時点で生産性は上がっている事になります。

でも、これで言い訳ではないですね。やはり、技術や無駄を省く工夫から『効率化』を確立しなければ、完全な生産性の向上は図れないと思います。

ならば、どうすれば効率化を図れるのか?

先日同様、管理から始めることです!

産出するには複数の工程があると思いますが、各工程でどれだけの非効率な部分があるのか、その原因を見つけ出して改善する。

例えば、過度の『手待ち時間』などは人員の配置・設備の配置などを整備すれば改善できます。
二人でやっていたことを一人でやるということは、『効率化』であり生産性も向上します。

『生産性の向上』と聞くととても大それた事を考えがちですが、管理を細かくすることで小さいことでも結構見付かるものです。
そして、小さいことの積み重ねで大きな結果が得られることは、珍しいことではないと思います。



かなり、一般的なことしかいえないのが残念ですが、業種やその会社ごとに持っているものも従業員も違います。そういう意味では、『生産性の向上』は当事者(自身)で行うしかないのかもしれません。でも、何がいいのか悪いのかは当事者では見つけにくいものです。なぜなら主観的になるからです。何事も、客観的に判断できることが改善への第一歩なのかもしれませんね^^



ヒューマンキャピタルへ




にほんブログ村 経営ブログへ  人気ブログランキング
お役立てください!






にほんブログ村 経営ブログ 経営企画へ
経営 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/05/09(金) 09:13)

前のページ 次のページ
copyright © 2005 熱くなくっちゃーね ♪ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。