熱くなくっちゃーね ♪
   もしかしたら、意外なところで『ピンッ!』と来るかも・・・
  >> ホーム
  >> RSS1.0
FC2カウンター

プロフィール

ありな

ありな
周りには経営者さんが多いですが、私は一般従業員です^^
主な仕事は経理です。もっとスキルアップしたいと日々勉強中!
だから、投稿記事に「あれっ?」って思うこともあると思いますがその時はご指摘くださいませ^^
こんな私でも『何かできるんじゃないか』とブログはじめました。
『がんばる人』の応援ブログにしたいと思ってます!
一緒にがんばりましょう!(^^)!
不完全だからこそ、『ピンッ!』と来ることがあるかも^^

ブロとも募集中です!!コメントください♪
よろしくお願いします!

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

今日の運勢は如何に?

フリーエリア

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 経営ブログ 経営企画へ
スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 設備投資と耐用年数
『設備投資』についてーーー

今期は利益が出すぎた(税金を多く払う)ので、『設備投資』などを考えようか・・・

なんて事ありますよね。

これって正解なのでしょうか?

どうしても入れ替えが必要な“設備”などがあり、起こるべくして起こった『設備投資』ならよいでしょう。
ただ、利益が出ていて税金を払いたくないので『節税』の意味で『設備投資』を行うには、「ちょっと待って!!」といいたいです。

これは、10万円以上の『設備投資』をした場合減価償却をしなければならいからです。
この減価償却とは、設備ごとに耐用年数というのが国税庁によって決められていて、設備投資にかかった費用をこの耐用年数で割って、毎年経費計上していくものです。

ということは・・・
『設備投資』したからと言って、その時に全額が経費になることはないのです。
だから、利益が出たからといって安易に『設備投資』するのは危険です。

それと、この耐用年数は実際使える期間を設けているとは言いがたいところがあります。例えば、店舗用の建物の耐用年数は何年でしょう?そして実際どれぐらいの期間使用できますか?
参考:店舗用建物(鉄筋コンクリート:34年)この御時世、こんなに長く商売できるところがどれだけあるでしょう?

もともと税制の仕組み自体が、税金を多く支払う仕組みとなっているのでこの耐用年数は長めに設定されていることを忘れず、『設備投資』を考える時にはこの耐用年数を調べ、慎重に行うべきだと思います。
この『設備投資』はその投資額をどこから捻出したかで、『資金繰り』とも関係します。

それはまた次回に・・・
にほんブログ村 経営ブログへ

人気ブログランキング


スポンサーサイト

にほんブログ村 経営ブログ 経営企画へ
経営 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/10/24(水) 21:50)

<<年末調整 | ホーム | 資金調達>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://humancapital1.blog119.fc2.com/tb.php/9-31acecc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 熱くなくっちゃーね ♪ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。