熱くなくっちゃーね ♪
   もしかしたら、意外なところで『ピンッ!』と来るかも・・・
  >> ホーム
  >> RSS1.0
FC2カウンター

プロフィール

ありな

ありな
周りには経営者さんが多いですが、私は一般従業員です^^
主な仕事は経理です。もっとスキルアップしたいと日々勉強中!
だから、投稿記事に「あれっ?」って思うこともあると思いますがその時はご指摘くださいませ^^
こんな私でも『何かできるんじゃないか』とブログはじめました。
『がんばる人』の応援ブログにしたいと思ってます!
一緒にがんばりましょう!(^^)!
不完全だからこそ、『ピンッ!』と来ることがあるかも^^

ブロとも募集中です!!コメントください♪
よろしくお願いします!

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

今日の運勢は如何に?

フリーエリア

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 経営ブログ 経営企画へ
スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 住み難い世の中に・・・
10月も残り1日になりました。
気温も下がり、冬支度?目前ですね^^
風邪などひかれてはいませんか?
私は、少しばかり風邪気味?って感じですが・・・^^;


『社員が、自分の望む仕事をしてくれない。』
『向上心が無い』
『自分たちの権利ばかり主張して、状況を理解していない』

このような言葉をよく聞くようになりました。
この言葉の前に必ず、『最近の・・・』というのが、目立つのと何故そうなっているのかについて、考えてみました。
嘆くばかりではなく、ちゃんと末端の状況まで見えているのでしょうか・・・
恐らく、分かってはいても蓋をしてしまっているのではないでしょうか・・・


皆さんは『ワーキングプア』という言葉をご存知でしょうか?
この言葉は、1990年米国から生まれた言葉です。
この言葉の意味は、『汗水たらして一生懸命働いているのに、何時まで経っても生活保護水準の暮らしから脱却できない人たちのこと』をさします。
日本語に直訳すると『働く貧困層』という意味です。

こうしてきくと、なんとなくご理解いただけると思いますが、私自身この言葉の意味を知る前から、ちょっとした危機感を覚えることがあったのですが、『ワーキングプア』『派遣のリアル』という本を読んで、深刻さが伝わってきました。

このような貧困層がどうして生まれるのか、詳しいデータやお話はこの本の中にありますが、実際の状況を皆さんも実感されていることだと思います。

今の企業の経費削減の一番のポイントとなるのが、人件費ですね。
その人件費を削減すために、何をするか。
派遣社員、契約社員、パート、アルバイトなどの非正社員を増すことです。
これによって、正社員を雇うよりも安価な給料で正社員と同等の業務を行わせることで、結果的に、単価が下がり人件費削減となります。

目的を達成できる方法としては、ある意味、理にかなっている(成果の単価が上がり、給料単価は下がる)とは思わなくもないですが、その分現場では、重要な仕事を任せられなかったり、技術の継承が出来なかったりと、企業にとってはマイナス部分も少なくないと思うんです。

最近では、『結果ありき』で数字でしか、判断しない経営者の方が多いように感じるのです。
確かに、結果を出すことが重要であることは分かりますが、そのことで汗水流して働いている人がいて、その業務を引き継がせることも出来ず、多くの責任を一個人が負わなければならない状況があり、その個人の精神的負担が大きくなていること。
そして、この先そのような雇用体制により、その企業のいいものが、より多くの人に受け継がれないということに危機感を持つべきだと思います。

仕事が無くなったから契約解除する、解雇する。では、たとえ正社員であってもその会社のことを信用することなど出来ません。(明日はわが身)

自分の会社が信じられないってことは、業務にも支障をきたします。
必死で頑張っても当たり前と思われ、要らなくなったら捨てられる。
だから、自分の出来る範囲で、捨てられない範囲の仕事だけをする。

こんな状況になっているんじゃないでしょうか。(実際このような感覚で仕事をしている人は多いです)



上手く伝えたれたかは分かりませんが、このような連鎖が起こっているということを上司や経営者は知るべきで、ただ、社員が思うような仕事をしてくれないなどと嘆くだけではいけないと思います。
今一度、『仕事をしないのは何故なのか』を考えて欲しいです。

社員は、会社を信用していますか?

全ては、ここにあると思います。

資本主義が悪いとは思いませんが、世の中がそうだというならば、求めるものも合わせるべきではないかと思うんです。



こんなことを考えると、本当に住み難い世の中になって行く(しまった)と少し寂しい気もします。
でも、これが現実なんですね・・・
と、少しばかり愚痴っぽいことも混ぜながら・・・
気が付けば長文!これでも、かなり省いたつもりですので、お許しを^^

スポンサーサイト
にほんブログ村 経営ブログ 経営企画へ
経営 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:22
(2008/10/30(木) 10:36)

 予算
こんにちは。
もう10月も終わりというのに、暖かいですね。
外で仕事をされている方には、暑いくらいではないかと思います。(お疲れ様です!)
1日の温度差が大きい分、体調管理をしっかりとしていきたいですね^^


さて、今日は予算のお話を少し。
以前にも書きましたが、この時期は決算が3件ありまして、なかなか大変なんですが、一番頭を悩ますのが予算書作成です。

決算は、言ってみれば過去の数字の拾い出し。
その結果、どれだけの税金を納めるのかが目的で、大事ではあるんですが私の中では、そこまでの意識しかありませんので、予算を立てる方がよっぽどプレッシャーを感じます。

こんな言い方をすると、なんか無責任に聞こえますね(^^ゞ
でも、結果をどうすることも出来ず、どうにかするにはその過程、期中にどれだけ数字を意識し努力したのかだと思うんです。

闇雲に努力してもダメですね。
何について努力するか。
これが明確に示されなければ、全ては水の泡です。

予算書の数字は、全て目標数値です。
中には、頑張らないと実現できないものもあります。
だから、『実現させるために努力しなさい』ということを事前に忠告しているとも取れるんです。
如何に、忠実に予算の範囲に収めることができるのかを考えないと、目標の利益は出すことは出来ません。

そのことをどれだけの人が意識しているかで、業績は決まると思います。
決算書から過去の業績と照らし合わせ、予算を未来の決算書と捉え努力すること。
期間ごとに答え合わせをし、その通りになった理由とならなかった理由をちゃんと理解し、次にも活かす努力が、次の結果へと結びつくんです。

せっかく作った予算、ちゃんと活用し思い描く利益を出しましょう!

皆さんの会社には予算書がありますか?
それを意識して仕事をしていますか?

そして、月次決算が終わった時、ちゃんと答え合わせをし軌道修正していますか?


ここ最近の記事を見ていると、全て繋がっていますね。
やはり、何事も見直しと軌道修正の継続ということなのかもしれない・・・



にほんブログ村 経営ブログ 経営企画へ
経営 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:12
(2008/10/21(火) 16:50)

 あると、便利?
こんにちは^^

今日は金曜日。もう一週間終わったんですね^^

早い!早いということは充実していたということ?




社内マニュアルって皆さんの会社にはありますか?

○十年前、アパレル会社に勤務していた頃。所属は経営企画室(雑務でしたが^^;)
だったのですが、新店舗のオープン時には応援に行きました。

そんな時、目にしたマニュアル。
これって、本社にはなかったんですね。店舗のみの、いわゆる接客マニュアル。

よくできてました。
それで、本社にもあればいいのにって。



社内マニュアルって、ある方がいいですね。
(細かく「挨拶は何度までお辞儀」とまでは行かなくても。)

まずは、会社の理念や方向性が伝わりやすいし、ベクトルあわせにも役立つ(?)
マニュアルがあることで、統一した電話応対、接客、ができます。

担当者不在などよくあることですが、普段、電話を取ったことが無いとか、
お客様が来たときの対応ができていない人って、意外に多いんですよね。
言葉使いや、必要事項の聞き取り(メモの残し方)など『当たり前』のことができていない。

こんな日常の常識的な部分がきちんと統一できていたら、他の部分でもできそうな気がしませんか?

少し、細かくてもいい。社内マニュアル作ってみよう!



にほんブログ村 経営ブログ 経営企画へ
経営 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:15
(2008/06/20(金) 14:46)

 間接的に・・・
こんにちは!

昨日は失礼しました。
にもかかわらず、暖かいコメントを頂き、とても感謝しています。



ある方法を確立させるべく頑張っているのですが、正直、少し行き詰っております


『社員を、ある目標へと導くために誘導する方法。』


昨日のヒアリングもそのことだったのですが、かなりデリケートで・・・直接的にやってしまうと、摩擦(でいいのかな?)が起こる可能性があることで、出来るだけ間接的に『せざるを得ない』状況を作りたいのです。

よく『仕組みづくり』って言いますけど、これも『せざるを得ない』『仕向ける』ってことが大前提ですよね。

いざ、作るとなると・・・いまその方法を探しているところです。
その会社、社員に合った方法を作り出なければならない。(いい意味でプレッシャーです)
まだ、これって言うものすらあがってこない。少し焦ってます。(今まで何してたの?って^^;)

もう一度、問題点、問題の解決策・改善策、解決方法(リスク)と始めからやっていきます。
思い込みは、邪魔ですからね。

この『仕組みづくり』を待っておられる方のために・・・
がんばります!!

今日は、この辺で^^ありがとうございます!!


にほんブログ村 経営ブログ 経営企画へ
経営 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:10
(2008/06/13(金) 13:34)

 求められるサービスって・・・
こんにちは^^

まず、お礼からーーー
いつもながら、良いコメントを頂きありがとうございます。


そのコメントをみていてやっぱり書こうと思い、書いてみます。

『介護施設運営』でお金儲けをするって、本当は理不尽な気がするんです。
でも、ビジネスとして立ち上げた以上、そこで生活する方や働く人のために、成り立たせなければなりません。

お金が全てではないけれど、そこで働く人に生活できるだけの給料を払わなければいけない。(払ってあげたい)
そのためには、収入が無ければならない。
それには、充実したサービスの提供が必須。
簡単にいうとこんな感じですね。

では、そのサービスを提供するのは、経営者でも誰でもない、介護士さんということになります。


今回の面接を通して、学生さんの介護に対する熱意は素晴らしいと思ったのですが、それは逆に、この学生さんたちはそのことを理解しているのだろうか?と。

ボランティアで生活は出来ません。
『社会貢献(=ボランティア)している』という意識だけでは、この仕事は務まらないのです。
このギャップに耐えられず辞めていった介護士さんを見てきましたが、現実はそうなんですね。

学校では、介護という専門の知識を与えてくれますが、これを職業(生業)としては教えてはいないと思います。これって、どうでしょう?
介護士とは何なんでしょう?職業ではないのでしょうか?
介護士=サービス提供者
の位置づけには違和感があるようです。
それを職業としたとき、その意識を持つべきだと思うのです。
サービス業が何も低い位置づけではないのですから。

このことを、介護士さんに理解して欲しいです。
そうすれば、介護士としてのスキルも上がり、生涯介護士として生きていける強みが出来るんですから。




本当は、国ですべての介護を必要とする人が生活できる施設を作るべきだと思っています。
社会保険庁が無駄に投資した『ユートピア』なんかを、高齢者の施設として投資すべきだったし、そこには公務員を従事すればかなりすっきりまとまったような気がします。
※公務員の人員あまりや各地方で人件費削減といわれていますので・・・



なんだか、えらそうなことを言ってしまいましたが、(介護士さんが見たら怒られるかもしれませんね。)
これはあくまで、施設運営というテーマで書きました。

私が出来ることは別にあると思ってます。
意識付けから、良い環境づくりと、頑張っていきたいです!

また、貴重なご意見いただければと思います。よろしくお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 経営企画へ
経営 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:12
(2008/06/10(火) 17:37)

次のページ
copyright © 2005 熱くなくっちゃーね ♪ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。